2007/07/03

人材育成支援活動について

ISAPH

ISAPHにおける事業として、開発途上国において貢献できる国際保健分野の人材育成支援にも積極的に取り組んでいる。活動として、2006年度よりISAPHラオスプロジェクトにおいてフィールド研修の受け入れを開始している。

聖マリア病院群初期臨床研修プログラム「国際保健コース」ラオス国フィールド研修

昨年に引き続き、研修医2名を受け入れた。研修期間は平成19年2月9日から20日で、ISAPHラオスは同研修の支援として、当プロジェクト視察協力の他、調査活動での通訳等の便宜供与、更にラオス保健省関連機関との調整を行った。

カシ地区での調査/身長測定見学

国際保健医療学会学生部会マッチング企画による研修

聖マリア病院群初期臨床研修プログラム「国際保健コース」ラオス国フィールド研修に同行する形で、学生1名を受け入れた。

東京女子医科大学国際環境・熱帯医学教室視察研修

東京女子医科大学の教育プログラムである自主選択国外実習の候補地として、同大学国際環境・熱帯医学教室は、将来実習が可能であるかについての事前調査と保健・医療事情の視察研修を兼ね、国際協力に関心の高い3名の学生連れラオスビエンチャン市内およびカムワン県にて視察を実施した。実施期間は、平成19年3月28日から4月6日の10日間である。ISAPHは、カムワン県内での医療機関視察並びにラオスにおける保健・医療事情の説明を行い視察研修に協力した。